報徳塾で学ぶ

学ばせていただきました。  事務所スタッフ(2020/6/18) 

小田原、湘南地区にあります、税理士法人エナリです。

新型コロナウイルス感染拡大により憂鬱な毎日ですね。
一昨年のことなのですが、江成先生から「おだわら市民学校の報徳塾」を受講するようにと言われ、勤務時間中に行かせていただき、いまでは大変な経験をさせていただいたと感謝しています。sontokuf.jpg
報徳思想の積小為第・至誠・分度・推譲、報徳の指導の報徳仕法を16講座で略年譜に沿って進めるものでした。
 講座には栢山周辺や、小田原城周辺のゆかりの史跡めぐりもあり、歩いたことがあるところでもガイドさん説明で、知らなかったことがいくつもあり、タメになりました。また、平成30年には「全国報徳サミット」が小田原市で開催され、二宮神社の草山宮司の基調講演では、人づくりに報徳思想を町づくりに報徳仕法を使うことができると話されました。
 映画「二宮金次郎」の五十嵐監督が描きたかった金次郎像の公開講座など、この年でなければという講座に参加できたことが幸運だったと思いました。小田原市に生まれながら二宮金次郎は、柴を背負って歩きながら本を読んでいる小学校の校庭にあった銅像でしかありませんでした。
 歩きながら読んでいた本は「大学」という儒教の教科書であったこと。特にグループワークで講座のなかで発表した2班の「相馬中村藩の仕法・北海道開拓」で一緒に学んだ高橋夫妻とは平成31年に報徳塾OB会に入会され、道歌や仕法ゆかりの地や他県も報徳サミットに行くなど交流があります。
 報徳塾OB会はとにかく報徳翁のことが学びたい人たちの集まりと知り、大いに感化されています。
 でも今は、新年度総会も開催されず6月の仕法ゆかりの地の旅行会も中止となりました。見えない敵のために外出も儘ならないのですが、その我慢が健康を守ると思っております。
 普通って幸せだったと感じている毎日です。皆様もお元気でお過ごしください。

▲このページのトップに戻る